京都玉屋店主の想い of kyoto tamaya













京都玉屋をオープンさせるにあたり、素敵なご縁と大きな流れがありました。自分自身に何が起こっているのか考える間もないほどに、急展開でお店作りが進みました。

そんなご縁を引き寄せたのは、いつも人と接するとき、かけがえのない自分と同じくらい、相手を思いやる気持ちを持ち続けようとしていたことが、関係しているのかもしれません。

そして、幼い頃の記憶にある クレヨンで遊んで偶然できた、春の空色のような小さな青い玉の思い出とも関係があるかもしれないと、ふと思い出し、気が付きました。
その玉は、ブルーレースアゲートにも似た美しい色のもので、とても嬉しくなって 今から引っ越していくお友達にあげようと、必死で走って持っていったのですが、お友達の前に立った時にはもう、手の中で溶けてなくなってしまっていたのです。だけど、気持ちは伝わりとても幸せな記憶として残っています。

その時の気持ちが大人になった今でも、美しい石と人とを繋ぐことで得られているのではないかなぁと思います。

天然石は大地のエッセンスであり、地球のかけらです。そして宇宙と繋がっているのです。様々な色、質感、模様を見せてくれる天然石の美しさやパワーを多くの方と共有し、深めていくために京都玉屋は始まったのだと思っています。

落ち着いた店内で、あなたにピッタリの天然石をお探しください。きっと素敵な天然石に出会えますよ。
私もお手伝いさせて頂きたいと思っています。

IMG_8774.JPG

IMG_8963.JPG

IMG_9019.JPG